モンゴル-中国国境越え

  • 2008/05/09(金) 00:54:07

モンゴル−中国国境越えについて
ウランバートル 16:30発
ザミンウード   8:00ごろ着

6日前に前売り券を買ったので、今回は念願のsoft sleeperをGET!!

前回同じ電車に乗ったとき(イス兼なんちゃってベット)の約3倍の18900Tg/人=1890円。
でもその価値は十分にありました。
なんたって鍵のかけられるコンパートメント型
4人収容可能な部屋だけど今回は2人きり!
もちろんその名に恥じないsoftな座り心地!
枕&毛布付!(シーツ、枕カバー、コーヒー、紅茶、熱湯代はしっかりとられたけど。。。1000Tg/人)



隣の部屋にはイケメン金髪ナイスガイ!Lucky!!
I LOVE soft sleeper!

硬座でも爆睡可能なリエはもちろん、ケンサクもぐっすり・・・
ザミンウードに着く直前、うわさのイケメン金髪ナイスガイとお話。
彼はフランス人、名前はユアン。一ヶ月前に東京にも行ったみたい。



と、ここまではすごくいいお話。おもむろに彼がこんなことを言い出した。

「今日は国境が閉じているらしいよ。しかも国境は、電車じゃないと越えられないらしいんだ。」

What??!!

私たちの計画では、お昼ごろには国境を越えエレンホトへ。
で、煙草飯店で休憩し、深夜0:45発の列車で北京に向かうはずだった。
ユアンも、明日北京から香港に飛ぶ予定だったらしい。
ウーララー・・・。

ザミンウードに到着し駅の人に聞いてみるとユアンの話は事実だった。
5月1日〜4日は、中国も日本と同じGW期間。で、国境も電車以外は全てclose。。。
今日も一応列車はあるけど私たちは乗れない、
明日AM8 :00に売り出す10:00発の列車なら乗れるとのこと。

しかたなく3人で今夜のホテルを探すことに。
でも、国境を越えられなかったのは私たちだけじゃない。どこに行っても「没要(部屋は無い)。」と断られ・・・
リエが荷物番、ケン&ユアンがホテル探しと役割分担し、探しまくってようやく一つ空いている部屋を発見。
お風呂は無いけどきれいに掃除されている小さなホテル。
ツインルームに3人で泊まることに決定。いやぁ、よかった。
宿泊日もまぁまぁ安く上がった(8000Tg/人)し、ユアンはいい人だし、駅にも近くて明日も動きやすい。

明日、無事に国境が越えられますように・・・。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

spinrewriter

Thanks, this is the worst factor I’ve study

SpinRewriter

Thank you for what you have got. This can be the very best publish I’ve read

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する