チベットへの道はまだまだ遠い

  • 2008/07/06(日) 23:54:26

ネパールに来て、密かに期待していたことがあった。

「そろそろチベットに行けるんじゃないか??」

「6/25、外国人旅行者のチベット旅行を開放する、と中国政府より発表があった。」
とwebでも見た。

当然、中国と国境を接しているネパールからもチベットに行ける、ということだった。

しかし、

カトマンドゥに来て、色々と情報を集めたが、

中国政府の発表と実体は全く違った。。

ネパールの中国大使館ではビザ/旅行許可証を未だ発給していないそうだ。
なので、6/25の発表後もまだ誰もネパールからチベットには行けていない。

中国政府の発表、また夏の旅行シーズンということもあり、ネパールには旅行者が集まってきているそうだ。

チベットを目指してネパールに来た旅行者はどうなるんだろう。

ネパールの旅行会社では以下のツアーを組んで、参加者を募集してた。
通常よりも大分高い料金にも関わらず、申し込みは結構あったらしい。

<「幻の」チベットツアー>
料金:450$
期間:一週間(毎週土曜日出発)
内容:ラサまでの陸路移動(途中観光しながら5日かけてラサまで行く)、宿泊、朝食、ビザ/旅行許可証含む
    ※ツアーはラサで解散の為、その後そのままチベットに滞在できるが、帰りの移動は自力で確保する必要有。
    ※飛行機だったら240$追加

来年、世界一周してもう一度アジアに戻ってきた時には、チベットに行けることを信じて、明日インドに向かいます。

↓ランキングお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「おふくろの味」 in ネパール

  • 2008/07/04(金) 13:09:02

前回のブログで散々恨みつらみ書きましたが・・・
その過酷な移動の結果、宿に着いて早々ダウン。

やっぱり窓側で雨に濡れつつ何時間もっていうのがこたえたらしい。
かなりの発熱、しんどかったです

でも、ダウンした場所がネパールでよかった。
インドも好きだけど、今回は心底インドじゃなくてよかったと思った。

だって、ただでさえ体調悪くて食欲無いのに、カレーやサモサは無理。
そして、健康な時でもたまに「おぇ」っとなりながら歩いていたのに
病気の時は歩く気がしない。。。
へなちょこな私が悪いんです。でも、日本食天国のネパール万歳!!



私を癒してくれた「おふくろの味」。(旅行人ノート「チベット」に地図あります。以前「味のシルクロード」があった場所らしいです。)

おふくろといっても作ってくれるのはガタイのいいネパール人のおじちゃん。4日間、ほぼ3食すべてここのご飯にお世話になりました。

本来そんなサービスはしてないのに、ケンサクが事情を話しテイクアウトを頼んだら快くOKしてくれた。こぼれないようにと、ていねいにラップで包んでくれる心遣いに感動!

ケンサクは、たまたま近かったから選んだみたいだけど、他にもたくさんある日本食屋さんのなかでここが一番美味しいという人は結構いるみたい。



体が良くなってから、行ってみてびっくり!

お店の中は、日本の居酒屋みたい。
メニューも豊富。定食、丼物、大体何でもある。
そして、うどんは何と手打ち!


「すき焼き定食」



「天ぷら定食」




ここ、ネパールです。本当にびっくり、器用だなぁ。




「もう 良くなりましたか?」
「体はどうですか?」

美味しい日本食はもちろんだけど、やさしい言葉とこのステキな笑顔がいちばん良く効きましたー!

完全復活!

引きこもりだった4日間を取り戻すぞー。

rie

↓ランキング3位です。いつもありがとうございます!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ