ワイン! ワイン!! ワイン!!!

  • 2009/04/24(金) 07:46:21

南米最後の一週間。



南米で、ほぼ毎晩お世話になった南米産ワインを巡ることに。



まず行ったのはメンドーサ。



まさかまた入国するとは思ってもみなかったよ、アルゼンチン。



サンチアゴからミニバスに乗って6時間、一泊二日のメンドーサへの小旅行。




国境を越えるあたりで、見えました。



南半球一の高さをほこるアコンカグア山。標高6962m。



さすがにかっこいい。旅友達のさとしくんはおととし、単独で2週間ほどかけて登頂。



いやー、すごいっす。





そうこうしているうちにメンドーサに到着。



宿も決めぬまま、ワイナリーの集まるマイプーMaipuへバスで直行。



ワインを飲むのだ!飲むったら飲むのだ!



バス停のインフォメーションで「今から行きたいんです、ワイナリー!」と聞くと、夕方でも飛び入りで英語ガイドつきのツアーを出してくれる『Torapiche(トラピチェ)』を紹介してくれた。



日本にもたくさん輸出されているだけあってかなり大きいワイナリー。



私たちも日本でイスカイは飲んだことがあり、好きだったのですごく楽しみにしていた。



普段なら、20アルゼンチンペソ/人で見学ツアー&試飲ができるらしい。



が・・・。



残念ながらこの日は、ブラジルのバイヤーが訪問していてツアーは一時休止。



かなり大口のお客さんになる予定らしく、スタッフもバタバタ・・・。



せっかくきたのにぃーー・・・。



がっくりしていると、広報とかちゃんとしたポジションっぽい女性が



「ごめんなさいね。」



と彼女自ら簡単にワイナリー内を案内してくれ、白ワインと赤ワインを一杯ずつご馳走してくれた!



しかも、宿の心配までしてくれて超親切!!



もちろん、ワインの香り、お味もとてもよく・・・♪



ラッキーでした〜。トラピチェ、帰国後も愛飲しようと決めました。最高。







お次はとっても小さな、でも歴史あるワイナリー。



『Familia di tommaso』



生産量の70%を国内で消費してしまうそう。日本には残念ながら輸出してない。



こじんまりとしていて、大事に手作りしている感じ。



見学ツアー+試飲4種類で10アルゼンチンペソ(300円)



ここは、本当にお勧め。



雰囲気、ワインの味、試飲させてくれるワインの種類の多さはもちろん・・・










こーんなにステキなガイドさんなんですよ!!



かわいすぎて美しすぎて、目を合わせるのを照れたほど。



いや〜、ホントかわいかったです。英語は早口大会かと思うほど早くてびっくりしたけど。 





チリに戻って、『concha y toro(コンチャ イ トロ)』へ。



ここは日本にも沢山輸出されている有名なワイナリー。



7,000チリペソ/人で見学ツアー&試飲2杯(赤・白)



敷地も広大。




ここで是非見たかったのが、『悪魔の蔵』



この蔵で造られるワインはとても美味しく、従業員の盗み飲みが絶えなかった。



そこで、『この蔵には悪魔が棲んでいる』という噂を流したところ、盗み飲みがなくなったらしい。



 


奥に見えるのは悪魔。



この蔵の名前を取ったワイン『casillero de diablo』をチリでは良く飲んでる。



価格は3500チリペソ(600円)前後と安い。日本でも1500円くらいなのでお勧め。



ワイナリー内にはワインバーがあり、食事も出来る。




見学ツアーで試飲出来るのに、見学ツアー前にワインバーにてワインを注文するリエ。



既に悪魔の蔵に影響されていたのか・・・


kensaku&rie


↓ランキング参加中です!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

チリ・サンチアゴにて南米の食文化を思ふ

  • 2009/04/22(水) 12:05:51

そろそろ、南米も終わり。



これまで、南米でも美味しいものも一杯食べた。



リマ・ラパスの日本食や中華、南極クルーズでフルコース、ガラパゴスのマグロ、アルゼンチンの牛肉も美味かった。



でも振り返って思ふ、どれも『南米料理』じゃないよな・・・



アルゼンチンの牛肉とか、素材は良いんだけど、それを活かす食文化が南米は乏しい。



それを改めて実感したのが、ここチリ・サンチアゴにあるレストラン。



昼飯を食べに魚市場の中にあるレストランへ。当然、海の幸が豊富。



シーフードスープとウニを注文。



久しぶりのウニ!!と思ったら、なんか変なドレッシングみたいな液体に浸かってて超不味い。。。



これなら、そのまま出してくれたらそれをご飯の上にのせてしょう油かけるだけの方がまだ美味しいのに。。。



シーフードスープはお勧め料理だったのでさすがに不味くはなかったけど、自分で作った方が絶対美味しい。





スペイン人、スペイン語を教える前に料理を教えてくれよ。



マダガスカルはフランスの食文化の影響を受けてて、『食』に関してはかなり満足だった。



南米には、スペインみたいなBarがあって生ハムとかも食べれるかもな、とか思ってたけど、とんだ期待外れ。ワインは美味しいけどね。



スーパーで肉を買って、ステーキにするだけでかなり美味しいから、それはそれで良いんだけど・・・



レストランやローカル食堂での満足度がアジア・ヨーロッパと比較すると低すぎる。



食に対するこだわりが弱いんだろうなぁ



南米が残り少なくなって、ちょっと考察してみました。 


kensaku

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

モアイ以外のイースター島 &イースター情報あれこれ

  • 2009/04/20(月) 04:25:13

モアイ以外のイースターを。


南極クルーズで会ったゆうこ&はるかちゃんから聞いていた。
ラパヌイのダンス。


これは凄く良かった。




女の子の動きはハワイで見たフラダンスっぽい、フラダンスを激しくした感じ。







matatoaというバンドの演奏に合わせて踊るんだけど、音楽がこれまた良い。



matatoa入場料:10000ペソ(最前列12000ペソ)





お次はサーフィン。


イースター島では毎日コンスタントに良い波がある。


ポイントが岩場なので、ちょっと注意が必要だけどサイズも大きすぎず、カレントも強くなくて楽しめる。




一日だけレンタルボードを借りて久しぶりにサーフィンした。


レンタルボード:2時間で6,000ペソ(1,000円強)



★イースター情報あれこれ★ 
●行き方

サンチアゴから飛行機(LAN航空)、僕らは世界一周航空券で行った。
普通に買うと、安い時は往復300$とかで行けるみたい。
大体往復500$〜700$くらい。
時期によってはとても混みあう。

●ホテル 
僕らが泊まったのは、
RESIDENCIAL PETERO ATAMU(地球の歩き方に載っている)
ダブルルーム:1泊7,000ペソ/人。 
トイレ・(ホット)シャワー付き、共同キッチン有り。
部屋もキッチンも超きれいで居心地最高だった。

ミヒノアという宿が有名で、海の目の前というロケーションは最高なんだけど、テント泊で、1泊5,500ペソ/人というのはちょっと高い。

●観光方法
レンタカーを一日借りてグルグルまわれば、ほとんど全部の観光が終わる。(モアイしかないから)
レンタカー:24時間で28,000ペソ 。何故かスズキの車が多い。ジムニーみたいな小型車ばっかり。ちなみにガソリンは満タン返しで、4600ペソだった。



●物価
離島なので、本土に比べるとやはり高い。
島で獲れない一部の野菜なんかはとても高い。

 ビール350ml  :550〜750ペソ (サンチアゴ本土:350ペソ)
 ワイン(CASILLERO DEL DIABLO) :5,000ペソ (本土:3,500ペソ)
 パスタ麺200g  :700ペソ
 牛肉100g    :300ペソ
 ホットドック   :1,000ペソ
 トマト1個    :500ペソ
 米1kg      :700ペソ
 ネット1時間   :1,000〜1,500 (本土:500ペソ)
 ガソリン1ℓ   :400ペソ  
(レート:1ドル=570ペソ)


毎日自炊したから、そんなには高いとは感じなかった。
トマト一個が100円近いのはビックリしたけど。


時期によってはマグロが獲れるので、漁港に行って買うこともできるみたい。


僕らがいた時は、あまり獲れていなくて獲れてもレストランに直行だった。




イースター島のウェブアルバムアップしました。

Easter Island


kensaku

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ