【30カ国目】 ボリビア Bolivia

  • 2009/03/29(日) 08:54:08

bolivia

ボリビアでよく見た日本車

  • 2009/03/28(土) 13:15:39

マチュピチュで雨にぬれたせいか、珍しく風邪を引きました。喉と鼻水。
イカという所で砂漠を見てから、ペルーの首都リマに来る予定を変更し、リマまで一気に来て静養してます。

ここリマには小さいけど中華街があり、日本食屋も充実しているので、すっかり元気。

リマの話はまた今度、何故か今日は車の話。


南米でも日本車は良く目にする。ボリビアのような発展途上国と呼ばれる国では、日本で使われていた中古車が輸出されてて、良く目にする。

なので、○○幼稚園とでっかく書かれたバスが町中を走っていたりする。 



これはタンザニアのローカルバス。

まー海外で走っている日本車なんて、特に珍しくもないので特に気にもとめないんだけど、ボリビアではやけに日本車が気になる。


何故なら、ボリビアには名車スプリンターカリブが多いから。
 


スプリンターカリブ。
僕が社会人2年目の時に買った,始めての車がスプリンターカリブだった。 


中古で28万円もする高級車。旅に出ると決め手放してしまった。
10年落ちだったので、当然買値はつかず、『廃車』してしまった。 


趣味は車というほど車に興味があるわけでも、大事にしてた訳でもないけど、廃車業者に渡したときの寂しさは今でも覚えている。 


あまりに寂しくて、リエは泣いていた・・・ 


そのスプリンターカリブ、他の国に比べて何故かボリビアには異様に多い。 


僕の統計上ボリビアは『世界一スプリンターカリブが現役で活躍している国』だ。 


他の旅行者に聞いても「あ、そうなの?」と軽くあしらわれるけど、事実だ。 


なので、ボリビアの町を歩いていると、現役のカリブに目を奪われることが多い。


ついつい期待してしまう、日本で廃車扱いになった僕のカリブが、南米にこっそり輸出されているんじゃないか? と。 





そんなの目にしたら泣いちゃうな、と思いながらボリビアの町を歩いてた。

kensaku

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

チチカカ湖&太陽の島

  • 2009/03/25(水) 11:11:10

1週間ほどゆっくりと過ごしたラパスを出発し、西へ移動。



コレクティーボと船を乗り継ぐこと3時間、コパカバーナという町へやってきました。



ここはチチカカ湖湖畔の町。正直特に期待はしていなかった。



ま、チチカカ湖が見えればいいや・・・ぐらいの気持ち。



でも、バスを降りてみて・・・あら。 





ステキな教会がお出迎え。 



ちょっと路地に入れば、オバちゃんたちがちょこんと座って野菜やら果物やら売っている。
 



おしゃれなカフェ、レストラン多数。


かわいい子どもがその辺でちょろちょろ遊んでいる。 





チチカカ湖で取れるトルーチャ(鱒)。


スープ、トルーチャ、ポテトフライ、ご飯、デザート付きランチが15ボリ(210円)。安い、おいしい、幸せ〜♪


庭をきれいに手入れしてある所が多い。いたるところに色とりどりのお花が咲いている。



コパカバーナ、めっちゃいいところじゃないですか。


のんびりしていてこじんまりしていて・・・ものすごく落ち着ける静かな町。


時間があればしばらくゆっくり過ごしたかった〜。







でも、そんなに時間の無い私たちはさくさくっと観光。。。


船で1時間半、チチカカ湖に浮かぶ太陽の島へ日帰りで行ってきました。


ここもついた瞬間からまったり。ゆるーい空気が流れておりました。 





どこまでも青いチチカカ湖と緑あふれる太陽の島。 





子どもが客引きに来る。宿はいらんかね〜、お土産いらんかね〜。


標高3800メートル、展望がいい山の頂上付近を目指してハーハー言いながら階段を登っていると、こんな客引き?も。



「荷物持ってあげようか〜?」



ちょっと心惹かれて振り返ると・・・ 






こんなかわいい笑顔で営業トーク。


いやいや、いくら高地に生まれ育って慣れてるからって・・・


ちびっこに荷物持ちさせるほどやわじゃありまへん。


おばちゃん、がんばるよ。 





トイレが汚い、バスがぼろい、なかなか値引きしてくれない、スリや泥棒が多い・・・などなど。 


入国前に他の旅行者から聞いた話では、かなり悪評高かったボリビア。


確かに、長距離バスの移動ではトイレ休憩が無くてしんどかった。 


トイレは、あっても(移動中は、ほぼ自然の中のトイレでした。。)きれいとは言えなかった。 


それなのにお金はしっかり取る。ま、1ボリか2ボリだけど。 


バスは突っ込みどころ満載。冗談かと思うぐらいぼろかった。 


買い物では、しぶとく値引き交渉しても、ほんのちょびっとしか値引きしてくれなかった。 


真昼間の大通りで、友達が目の前でスリ未遂に遭うのを目撃し、かなりびびった。





でも、なんか憎めないボリビア人。 


人懐っこいというか、ちゃっかりしているというか・・・。 


チョリータのオバちゃんの迫力、子どものかわいい笑顔、ひたむきに働く姿にまいった。 


ごちゃごちゃしてて空気がものすごく悪いけど、ラパスの町は居心地が良かった。 


おかげさまで、スリにも泥棒にもタクシー強盗にも遭わずにすみました。

(家に帰るまでが遠足。引き続き気を引き締めて行きます、はい。) 


そして、何といっても私たちにとってこの旅一番の一生忘れられない景色を見せてくれたボリビア。




私たちは、かなり大好きになりました。いつか、また来るよ〜



楽しかったボリビアに別れをつげ、次はいよいよマチュピチュが待つペルーへGO!!



rie

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ