【34カ国目】 オーストラリア australia

  • 2009/05/30(土) 05:17:30

australia

「世界一周×6大陸制覇×ハネムーン」最後の国! 

ウェブアルバムはこちら


↓まだまだランキング参加中です♪↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

日本に向けて出発

  • 2009/05/30(土) 04:02:19

現在シドニーは朝5:00。


今から宿を出て、シドニー空港へ向かいます。


今日の夕方は日本です。


おいしいうどんが食べたいな〜








あ、オーストラリアでコアラとカンガルー見るの忘れた・・・



kensaku

ウルルに登る

  • 2009/05/29(金) 07:21:28

ウルル1日目、天気は完璧。


雲ひとつ無い青空の中、乾燥したブッシュの大地の上にででーんと赤い大きな岩が乗っかっている。


ここでの目的は3つ。夕日を見る、朝日を見る、そしてウルルに登る。


風が吹いていたり、気温が36度以上など色んな条件で結構登れない日もあるそうだ。でも、その日は全く問題なし、ゲートは開いていた。


到着して、とりあえず行っとくか〜、と軽く勢いで登り始めた。


見ているだけだとそうでもなかったんだけど、登ってみると傾斜はかなり急、登るというかよじ登る感じ。




写真だと、小さい岩につかまって行けそうだけど、登るところはつかまれるものはほとんどない。


30メートルくらい登ったところで・・・よせばいいのに下を見てしまった。


さー・・・血の気が引く音が聞こえた気がした。


高所恐怖症というわけではない。でも、多分人よりも相当ビビリな私。特に、「落ちる」という行為がだめ。あの足がぞわぞわして内臓が宙に浮く感じが本当に怖い。


ジェットコースターはもちろん無理、バンジージャンプなんてやっているの見ているだけでおえっとなる。ちょっと高めの滑り台とかも怖い。相当なビビリです。。


しかもビビリなだけじゃなく、ネガティブな想像力がとても豊かな私。。


ここで足を滑らせてしまったら・・・・足を滑らせた人が上から落っこちてきたら・・・こう考え出すともうダメ。足がすくんで動けなくなってしまった。


ケンサクに一人で行ってもらうことにした。ここでの目的の一つを、私のせいであきらめてもらうなんて申し訳なさ過ぎる。


ケンサクが行ってしまうと、急にぽつんと一人取り残されたような気がした。


一人で降りるのも怖い。でも、登るのも怖いし・・・。


うじうじ一人で考えている間に、他の人はどんどん登って行く。


中には5,6歳くらいの小さな女の子も。身軽にひょいひょい登って行く。


びびって登れないなんてかっこ悪すぎるから、遠くの景色を見ているんですよ〜っていう顔をしてごまかす自分が悲しい。。


はぁ・・・この旅もそろそろ終わりだなー。そう考えるとふと淋しくなった。


この旅を締めくくるこのエアーズロック、こんなビビリな私のままでいいのか?


このまま登らずに負け犬(考えすぎ)になってもいいのか?


そんなうじうじしてて、これからの人生の荒波を乗り越えていけるのかーー???(大げさ)


自問自答、考えること10数分・・・。




やっぱり、行こう。


「あの時やっておけばよかった」と後悔するのだけは死んでもいやだ。




それからは下も周りも、怖いからほとんど前も見ずに(今考えるとこっちのほうが余計危ないケド)一心不乱にただただ登った。 



私がぐちゃぐちゃ考えている間に、ケンサクは一人登頂。



撮ってもらう人が誰もいなかったらしく寂しくセルフタイマーで自分撮り(笑)




結局、びびって動けず待っているだろう私のために駆け足で降りてきてくれたところ、登ってきた私と途中で再会。

せっかく降りてきたのに、また頂上まで一緒に登るはめになってしまったケンサク。フルマラソンで痛めたひざがまだ完治していないのにごめんよー。ほんと、お世話かけます。。


そして、なんとか登頂。結局40分くらいかかった。


こんな大変な思いをして登ったウルルの頂上は・・・ 



ドラム缶みたいなのが一個置いてあるだけ。


景色も・・・まぁキレイだけど特にウルルの頂上に登ったからこそ見れるっていう景色でもなく。。。


でもまぁ、ここは頂上。



ウルルに来た目的の一つを、なんとか無事2人で達成することが出来ました。


あー、怖かったー・・・。もう2度とごめんです。


rie

↓帰国前にもう一度一位になりたいなぁ・・ワンクリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ