ガンガー(ガンジス川)の火葬場の料金

  • 2008/06/27(金) 21:37:31

この日は、ボートに乗ってガンガー(ガンジス川)からガート(沐浴場)火葬場を眺めた。



沐浴に来る人人人人人

サリーが色鮮やか。

インドの民族衣装のサリーは、みんなそれぞれ違った色・模様なので見ていて飽きない。



結構なおばちゃんでも、色がすごく派手。


今回乗ったボート。



雨期に入ってかなり増水してて、流れも急になってた。

以前来たときは乾期で、流れがゆったりしていた。ボートの漕ぎ手は一人で、のんびりボート遊びって感じだった。

でも今回はボートの漕ぎ手は3人。汗だくで大変そう。

途中、流れに押し戻されて進めなくなっていたところを、川遊び中の子どもに助けられ、ようやく脱出。
雨期恐るべし。



ここは、インドでも最も印象的な場所の一つだと思う。。だって遺体が目の前で焼かれてるんだから。

ガンガー沿いの火葬場
煙が出ている場所で火葬されてて、火葬された遺体はガンガーに流される。

インドは何から何まで生々しい。地べたに転がる牛の糞とか、、

「僕はインドで『日本人が忘れていた大事なもの』を思い出した」、なーんて事は思わないけど、
こういうのを見るとインドって面白いなって思う。

こんな国、他にはねぇ!
って思う。

ちなみに、
火葬料金は:3,000Rs(7,500円)
現地の物価からすると結構な高額。薪が高いらしい。

そのお金が無い人は、電気式(?)の火葬場が近くにあってそこで火葬する。
250Rs(625円)なり。

↓クリックでランキング順位が上がります!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ