インド(バラナシ)−ネパール(カトマンドゥ)国境越え

  • 2008/07/02(水) 15:07:49

※この移動でちょっと体調を崩してしまったリエが、恨みも兼ねて書いたので、結構な長文になってます。。。
実際に利用するかたは一番下の<注意点&アドバイス>だけでも読んでください。
byケンサク


<インドからネパールへの道>
バラナシからは2つの会社がそれぞれ週3本づつネパール行きのツーリストバスを出している。

「Paul Travel」と「Nepal Tours Service」。

(場所はどちらもツーリストバンガローの近く。歩き方の地図に載っています。ダシャーシュワメード・ロードからサイクルリキシャーで20Rs)

ただ、私たちが訪ねたときは「Nepal Tours Service」は閉まっていた。町の人の話によると最近営業していないらしい。

そして、料金もガソリン値上がりのあおりを受けて100Rs上がっていた。

料金:700Rs(1750円)/人=移動費+1日目朝食、宿泊1泊込み。

<旅程>

■1日目 : 7時集合。朝食後、8時30分出発。ボーダーに18時着予定。自分で出入国手続き後、ネパール側ボーダーのスノウリでG.H.に一泊。
(ここまでは、ポカラに行く人も同じ。2日目にバスが分かれます。)
■2日目 : 6時45分出発。カトマンドゥ4時着予定。

ま、旅程だけ見ればそんなに無理なさそうですよね。でも、これがかなりきつかった。。。

まず朝7時に集合させられたのに、1時間近く待たされ8時ちょっと前にしかオフィスは開かず。朝食(ただの食パンに卵焼きをはさんだだけ+一口サイズのチャイ)が出てき始めたのが8時くらい。もちろんレストランとかではなく、普通に道端で食べる。

そして出発時間の8時半になってやっと荷物(私たちツーリストのではなく、インド人がネパールに輸出?する物なのかとにかく馬鹿でかい大量の荷物)を積み出した。

バスは7時前から止まってたのに、なんでわざわざ出発時間に準備しだすんだよ〜!早めにやっとけよ!!と、ツーリストみんなの心の声もインド人には届かず。。。

ちょっと楽しげに荷物の搬入。やっと出発したのは集合から2時間半もたった9時半。早起き(5時起床)意味無し。

ちなみに、バスはフロントガラスにでっかく「TOURIST」と書いてあるもののただのポンコツバス。

走り出したらしとしと雨漏りする始末。

私たちは、自称晴れ夫婦です。
旅で雨に降られ楽しめなかったことはありません。


ただ、この旅で分かった事、移動日に必ず雨が降る。ま、雨期だから・・・という話もありますが。。。

ということで降られました、今回の移動も。しかもたっぷりと。
雨漏りポンコツバスがこれに耐えられるわけは無く、時間がたつと私たちの座席にまでやってきて結構冷たい。

雨で気温が下がっているし雨漏りするしでみんな長袖を着込んでいた。

何が一番きついって、このバスほぼ休憩無しなんです。

大体今まで乗ってきた長距離バスは2〜3時間に1回はトイレ休憩があった。でもこのバスは昼過ぎ2時半にやっと昼食休憩で止まるまで一度もまともな休憩が無い。正確には、2回くらいほんの4、5分止まったけど車も人もバンバン通る道。

男の人は立ちション出来るからいいけど、女の子は絶対無理。私は買っていた水もほとんど口にせず、ちょっと緊張しながらなんとかもちこたえて大丈夫でした。何の修行かと思った。。。

そして昼食のために立ち寄った場所、そこはとてもレストランと呼べる代物ではなく、薄暗いちょっと広めの小屋。

出てきた料理も、カレーは冷えてるし、チョーメン(焼きそばみたいなの)やフライドライスはちゃんと火が通ってなかったらしい。

そしてそんな料理しか出さないくせにめっちゃ時間がかかる。食べる時にはみんなほぼ無言。口に入れてちょっと失笑。

一日目の到着予定を4時間もオーバーし、ボーダーに着いたのは夜10時。あたりは真っ暗・・・もうへとへとでした。

一応笑ってるけどホントはふらふら・・・。
暗いけど、後ろの建物がイミグレーション。



インドのイミグレが、とてもそれとは思えないほど暗いお粗末な建物で、パスポートチェックの人が必要以上に陽気でインチキくさくても誰もつっこめないほど。。。

過酷な移動を終え、無事ホテル着。つかれて食事もできない人もたくさんいたけど、私たちはやっぱりこれだけははずせない。

だって1週間ぶりなんですもの!!




かんぱーい!我慢できず飲んでから撮りました。

ちなみに・・・二日目は、ツーリストバスではなく小さいローカルバスに詰め込まれ、ネパール人と一緒にもみくちゃになりながらも無事到着予定の夕方4時ごろ着。

はぁ、ほんとこの移動は今まででいちばんしんどかった。

多分、雨期で雨がふっていたこと、ツーリストが少ないことが今回の悪条件になったと思いますので、乾期に行く方はこんなにきつくないんじゃないかなと思います。これから9月ごろまでに行く方は、ちょっとだけ参考になるかと・・・。
健闘を祈ります〜。

<注意点&アドバイス>
・バスに乗ったら必ず「荷物チャージ100Rsよこせ。」と言ってくる人がいます。そんなものは全く払う必要が無いので無視しましょう。

・荷物はバスの屋根に載せられる場合もあるので、レインカバーは必須。大き目のゴミ袋で全体を包み込むのが一番良いかも。

・途中で寄るレストランは酷いです。事前にバナナとかパンとかを買ってからの乗車をお勧めします。

・国境はレートが悪いので、10$分くらいにして、カトマンドゥに到着してからの両替がベター。国境ではインドルピーも使えます。ちなみにカトマンドゥにはATMもいっぱいあります。


rie

↓長文を最後までありがとうございます!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ