【11カ国目】 トルコ Turkey

  • 2008/08/15(金) 23:52:28

turkey

イスタンブールな昼と夜

  • 2008/08/15(金) 22:10:04

イスタンブールに来たもう一つの重要な目的、それは健作の友達に会うこと。

大学時代からの知り合いで、9年前に健作が世界一周した時にここイスタンブールで再会し、そして今回再再会。

カヨさんはその間ずっとイスタンブールに住んでいる。旅をしながら仕事を見つけたのだ。トルコ語は、独学で勉強されたらしい。

すごいなぁ、いろんな生き方があって本当におもしろい。

そんなカヨさんに、イスタンブールな夜を体験させてもらいました!!

行ったのはトルコの伝統的な歌や踊り、そしてベリーダンスを見ながら食事が出来るレストラン。

中に入ったら超ゴージャス!王家の食卓のようにながーいテーブルがびしっと並んでいて、大きいステージがどどーんと。

照明落とし気味でなんともムーディーないい雰囲気。

私達の席は・・・なななんとステージのすぐ横!テーブルの上には日本の国旗でお出迎え。

他のテーブルにもヨルダン、イラン、モロッコ、スペイン、フィンランドなどなどいろんな国の旗がたっていた。





そしていよいよショーがスタート!






トルコのダンスまではよかったんだけど、超セクシーで迫力のあるバディで踊る情熱的なベリーダンスが始まると会場に変化が現れた。。。





ムスリムの女性 → 呆然、もしくはガンを飛ばす。
ムスリムの男性 → 奥さんに若干遠慮しつつ興味津々。
ムスリムの子ども → 超のりのり。
フィンランドの女性 → ものすごい形相で天を仰ぎ、深いため息。
フィンランドの男性 → 奥さんの雰囲気を察し、見たいのに見られない。時々チラ見。
フィンランドの子ども → 見てはいけないものという雰囲気を察し、一点を見つめて固まる。

何しろ予想以上にお色気ムンムンなんです。。

家族でテレビを見ていたら急にHな場面になって気まずい、っていう空気に似たものが会場中に充満。

お子様向きではないかもね。

ちなみにフィンランド人家族は、2人目のベリーダンサーが出てきたところで帰っちゃった。。。


私達はもちろん大喜び、なんとのせられてステージに上がって一緒に踊り、汗だくになりました!

ショーは文句なしにすばらしかったし、何よりカヨさんと会えてよかった。

しかもご馳走になってしまい・・・忙しい中私達のために時間作ってくださって本当にありがとうございます!!



そして次の日、イスタンブール最終日。
カヨさんおすすめのクルーズ船に乗船。

念願のサバサンドも食べられたし、景色最高で気持ちよかった〜。




うー楽しかったぞ。

トルコは、絶対また来たい!

rie

↓ランキング参加中。クリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ