スペイン的「一日5食、シエスタ(お昼寝)付」生活。

  • 2008/08/25(月) 20:00:51

モロッコから世界はがらりと変わり、スペインのバレンシアにやってきました〜!

駅の壁にはオレンジが。バレンシアオレンジってやつです。





なんせマラケシュから夜行列車、フェリー、夜行バスと30時間以上移動しっぱなしだった私達。暇な移動時間は、これから乗り込むヨーロッパへ向けて、ガイドブックを熟読(?)していました。

そんな中、地球の歩き方 ヨーロッパ'08〜'09に、「スペイン式食生活」と題して興味深い事が書いてあるのを発見。

以下、引用も含めて簡単にまとめます。


スペイン式食生活


○朝食
ドーナツとコーヒーなど。

○お昼前の軽食の時間
11時ごろ、バルでワインやビールを飲みながら軽いものをつまむ。

○ボリュームたっぷり、遅めの昼食
午前中の仕事を終えるとレストランにくりだすのが14時過ぎ。
一般家庭でもコース料理の昼食となる。

○仕事帰りに軽く一杯
昼食を終えると、16時ごろから午後の仕事。19時ごろまで。
夕食前のひととき、バルや居酒屋などをでタパスをつまみワインやビールなどでおしゃべりに興じる。

○遅めの夕食
一般的には21時ごろから始まる。昼食よりやや軽めになることが多い。



一日5食・・・。

さらに、シエスタ(お昼寝)と呼ばれる昼休みを14時から16時まで2時間くらいゆっくりととるらしい。うーむ・・・いつ働いているんだ〜。


でも、「郷に入っては郷に従え」とはよく言ったもの。

現在全く働いていない私達も、このなんとも魅力的なスペイン式食生活とやらを実践してみることにしました。


まずは朝7時、「朝食」。



一人2.25€(370円)




そして11時、「お昼前の軽食の時間」にバル初体験!




一人5.5€(900円)


ホントに仕事を抜けてちょろっと来ましたって感じのおじさんがたくさん。食べ物もちょこっとつまめるメニューが豊富。

私達はイカのフライとジャガイモ入りのオムレツをつまみにビール♪


そして午後2時、「ボリュームたっぷり、遅めの昼食」




一人11.5€(1,870円)


ほんとにボリュームたっぷり。

それぞれご飯もの、肉料理か魚料理、デザートとを一品ずつ選び、ビールまで付いてくる。

めちゃめちゃ美味しい!特に右上のイカ墨のピラフみたいなのが最高。こんなにお腹一杯食べたの久しぶりってくらい食べた。そしてグラスワインも飲んだ。

ぷは〜・・・シアワセ。



そして現在午後8時すぎ。


予定では「仕事帰りに軽く一杯」に繰り出す時間なのですが・・・残念ながら全くお腹がすかず。むしろまだ満腹状態が続いているほど。

旅をしていてただでさえ胃が小さくなっている私達に、スペイン式食生活はかなり無理があった。。。

しかもケンサクは夕方だけど、シエスタ(お昼寝)中。。。

スペインでも、今は実際にお昼寝する習慣は残ってないそうですけど。


初めは「いつ働いてるの?」と思ったけど、ちょっと調べてみると・・・なるほど納得。

スペインの人は、朝早くから集中して働き、暑くて眠い昼間は思い切ってゆっくり休んでパワーを蓄え、またバリバリ仕事。そしてアフターファイブを仲間と楽しむというスタイルだそう。

ようは時間の使い方の違いってことですね。

なんかちょっとうらやましい。



うーん、でもこのままでは悔しいので、ケンサクのシエスタ終了後再びバルにくりだしたいと思いま〜す!

rie

↓ランキング参加中。クリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ