先祖との再会「Famadihana(ファマディハナ)」

  • 2008/09/28(日) 19:57:33



人々が担ぎ上げて運んでいるのは5年前に無くなった女性の遺体。 


墓を掘り起こし、棺を開け、外に運び出している。


何故ならこの日、死者の魂が現世に還ってくるから。


マダガスカルの伝統宗教にも、日本の「御盆」と同じような考え方があった。

儀式の名前はFamadihana(ファマディハナ)

大きく違うのは、

遺体を取り出して、新しい白い布で巻きなおしてあげること。
 




儀式の最中、ラムを飲み、音楽に合わせて賑やかに踊ること。




炎天下の中、人々は飲み、歌い、踊る、踊る。 


日ごろの不満やわだかまりも捨てて、皆で楽しむ。


 



この儀式に涙はない、そう聞いていた。 


亡くなった人の魂が現世に戻って来る喜ばしい日だから、と。 


でも、彼の肉親が取り出されて、目の前に置かれてから彼が泣き止む事はなかった。 


亡くなってからまだ日が浅いのか、その遺体の周囲では他にも数人が涙を流していた。 


マダガスカルの一部では、肉体は死んでも魂は生き続けると信じられている。 


でも誰がなんと言っても、彼の肉親は亡くなっており、戻る事はない。 


どんな宗教でもその事実を変えることは出来ない。


そんな事分かっているから、皆でラムを飲み踊るんだと思った。 





毎年決まった実施日が決まってなく、占星術?天体術?で日時をその都度決めるそう(3・5・7年に一度)なので、僕らは本当に運が良かった。


大切な儀式であるにも関わらず、僕らはとても温かく受け入れて貰った。
(勿論、事前にガイドを介して、家族からの了承を取っている。) 


kensaku

↓久しぶりのアップ!クリックお願いします!!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

マダガスカル到着!5ヶ月ぶりの再会。

  • 2008/09/26(金) 15:34:07

ヨハネスブルグから飛んできましたマダガスカル。

ヨハネスブルグ⇔マダガスカル往復=680$
マダガスカルVISA=95$ ・・・高っ!!(この旅最高額!!)

そこで、5ヶ月ぶりの再会が。





モンゴル−中国国境で出会い、そのまま北京まで一緒に旅をした陽気なフランス人Yoann君。

その時のブログはこちら

北京で別れる時に、「アフリカで会おう」と別れたものの

本当に会えるとは・・・


彼は一ヶ月前からマダガスカルにいて、これからさらに一ヶ月いる予定。

晩ご飯を食べながら、マダガスカルの事を色々と教えてもらった。


ステーキの上にたっぷりフォアグラが・・・これで900円ちょっと!!

(ちなみに、マダガスカルは元フランス領。フランス仕込のフランス料理が格安で食べられる。)

マダガスカルは、バオバブの木とアイアイ(お猿さんだよ〜♪)くらいしか知識がない僕らにはとても貴重な情報だった。

Yoann曰く「マダガスカルは僕のベストカントリー」。

話を聞くと、確かに見所が一杯みたい。

僕らのマダガスカル滞在予定期間は2週間。。。足りない。。。

という事で翌日、早速帰りの便を予約変更!

2週間⇒3週間に(これでも足りないけど・・・)


これから1週間ちょい、Yoannと一緒にマダガスカルを旅する事になった。

あまり英語が通じないマダガスカルで、フランス人と旅をするのはとても心強い。(マダガスカル人はフランス語を話す)

これからの予定は、

●ファマディハナ(FAMADIHANA)見学
マダガスカル版の「お盆」、死者が現世に戻って来るので家族や近所の人と盛大な儀式をやる。偶然にも僕らの滞在中にその儀式が執り行われるという情報をYoannがゲット。

●6泊7日ツアー参加:内容=川下り、世界遺産「ツィンギー」で岩登り、バオバブ見学

kensaku

↓久しぶりのアップ!クリックお願いします!!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


【16カ国目】 南アフリカ South africa

  • 2008/09/25(木) 16:14:13

south africa