ここで地終り 海始まる

  • 2008/09/07(日) 18:37:11




ユーラシア大陸の最西端、ポルトガルのロカ岬にやってきた。


ポルトガル訪問の一番の目的。


ユーラシア大陸の東の端から西の端まで、5ヶ月弱かけてやってきた。


途中、飛行機を使いながらだけど、大陸横断はやはり感慨深いものがある。






碑文にはこう刻まれている。


「ここで地終り、海始まる」



大航海時代の主役であるポルトガル人からすれば、大西洋を望むこの場所は、とても思い入れのある場所なんじゃないだろうか。


ポルトガルとは縁の深い日本人としても、他の観光地にはない特別な思いがこみ上げてくる。


この海を越えて明日、僕達はアメリカ大陸に向かいます!


と言いたいところだけど、


「地中海」を越えて明日、僕達はアフリカ大陸(ケープタウン)に向かいます。







ちなみに、ここからは誰にも絵葉書は出してません。

<ロカ岬への行き方>
リスボン・ロッシオ駅⇒(電車45分:1.7ユーロ)⇒シントラ⇒(バス40分:3.55ユーロ)⇒ロカ岬
待ち時間等も入れると、最低でも片道2時間は必要。
尚、シントラは世界遺産の町です。



kensaku


↓今日は何位?!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トマト祭 攻略編

  • 2008/09/07(日) 00:20:44

■トマト祭 攻略編


トマト祭は本当にお勧めなので、攻略編として詳細に情報をまとめておきます。 

トマト祭の写真を改めて見ていたら興奮が蘇り、一気に書いてしまった。。

来年誰か行ってくれ!  ていうか俺もまた行きたい!!

<開催日時>
8月最終週の水曜日 9:00スタート(トマト投入は11時) 


<場所と行き方>
バレンシア近郊の町「Bunol」

街中⇒<地下鉄>⇒「Valencia-Sant Isidre」駅⇒<鉄道>⇒ 「Bunol」駅
所要1時間。
Bunol駅から会場へは徒歩15分。参加者が大勢いるので会場は直ぐ分かる。

ちなみに、「Valencia Norde」駅で地下鉄(METRO)+鉄道(renfe)のチケットが買える。
Bunolへの行き方と時刻表も貰える。 




帰りは駅が超混雑するので、往復チケットを買っておきましょう。

<宿泊>
会場のブニョールは小さい町なので、バレンシアに宿をとるのが一般的 

僕らは予約無しでドキドキしながら、2日前の早朝6時にバレンシア到着。 

早朝着だったのが奏功し、無事に部屋をGET出来たけど、夕方には満室になってた。
やはり予約がお勧め。

<場所取り>
祭のど真ん中でとことん楽しみたい人は、 

人の流れに沿ってどんどん町の中心へ。途中にちょっとひらけた広場があるのでそこで。
靴がなくなったり、Tシャツが破られたりすることは覚悟する必要あり。

祭は楽しみたいけど、余りにも危険なのはちょっとという人は、 

中心から少し離れ、逃げ道(脇の路地)に直ぐに避難できる位置を探しましょう。 

メインストリートから脇にそれる路地には、メインストリートから逃げてきた人が一杯。
子どもなんかは、本当に危ないので路地から観戦してた。


<装備>
・汚れても良い服
・着替え(Tシャツの売店あるかたそこで買うのも○)
 ⇒余りに汚いと、電車に乗せてもらえない
・ゴーグル(当日会場で売ってる)
・防水カメラ(Xactiお勧め、防水インスタントカメラが会場で売っている)

<ゴーグルの必要性>
・トマトは結構固い。一応は潰して投げるべし、というルールはあるけどそれでも痛い。
目にあたると結構ヤバイ。要注意はまだ熟れていない緑のトマト。
・トマトが目に入ると沁みて痛い。
・↑なので、ゴーグル着用がお勧め。
   ゴーグルが曇る時は、つばをレンズの内側に塗ると曇り止め効果があります。 




kensaku


↓もう1度あの場所に返り咲きたい!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ