象vsライオン〜最高の一週間?〜

  • 2008/09/16(火) 19:00:42

エトーシャ国立公園でのサファリとナミブ砂漠、6日間のツアーが終了。

今回はサファリレポート第二弾!!

2人とも人生初のサファリ。予想以上に楽しかった。



サファリでの動物の見つけ方は、水場を巡りそこに集まってくる動物を探す、というやり方。

乾期は水場が限られているから、動物が発見できる確率が高い。



水を求めてやってくる象



一番多く見られたシマウマ 


動物園で見たシマウマと比べると、すごく模様がきれいな気がした。

同じツアーに参加してたおばちゃんが「Beautiful...」と呟いてた。本当に美しい。


 



百獣の王! ライオン かっこいい・・・

と、ライオンの後方200メートルには餌(草食動物)が! 


ライオン食わないの?? 


だけど、ライオンの食事(狩り)の時間帯は朝と夕方らしい。


ライオンを発見したのは昼前だったので、狩りをする時間帯ではない。 


とはいえ、ライオンだよ? ここは狩って欲しかった・・・



ライオンを発見した直後、衝撃的な出来事が。

ライオンから少し離れた水場にいた象が、急にライオンを威嚇しだした。 



逃げ出す「百獣の王」ライオン。やけに小さく見える 


いきなりけんか腰の象に驚いて、良く見てみると、 象の群には小さい子どもの象が何頭か。。

子どもの象がライオンに狙われることもあるらしい。

 


大人の象たちは子どもを守る為、ライオンを威嚇し遠ざける。 


普段はおとなしい象の荒々しい威嚇のうなり声はすごい迫力 


このサファリで一番印象的な出来事。 




象、普段はのんびりした印象だけど、怒ると怖い


ちなみにリエの動物占いは象・・・  


その他の写真はこちら!!

kensaku


↓久しぶりの更新!クリックお願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ