ボリビアでよく見た日本車

  • 2009/03/28(土) 13:15:39

マチュピチュで雨にぬれたせいか、珍しく風邪を引きました。喉と鼻水。
イカという所で砂漠を見てから、ペルーの首都リマに来る予定を変更し、リマまで一気に来て静養してます。

ここリマには小さいけど中華街があり、日本食屋も充実しているので、すっかり元気。

リマの話はまた今度、何故か今日は車の話。


南米でも日本車は良く目にする。ボリビアのような発展途上国と呼ばれる国では、日本で使われていた中古車が輸出されてて、良く目にする。

なので、○○幼稚園とでっかく書かれたバスが町中を走っていたりする。 



これはタンザニアのローカルバス。

まー海外で走っている日本車なんて、特に珍しくもないので特に気にもとめないんだけど、ボリビアではやけに日本車が気になる。


何故なら、ボリビアには名車スプリンターカリブが多いから。
 


スプリンターカリブ。
僕が社会人2年目の時に買った,始めての車がスプリンターカリブだった。 


中古で28万円もする高級車。旅に出ると決め手放してしまった。
10年落ちだったので、当然買値はつかず、『廃車』してしまった。 


趣味は車というほど車に興味があるわけでも、大事にしてた訳でもないけど、廃車業者に渡したときの寂しさは今でも覚えている。 


あまりに寂しくて、リエは泣いていた・・・ 


そのスプリンターカリブ、他の国に比べて何故かボリビアには異様に多い。 


僕の統計上ボリビアは『世界一スプリンターカリブが現役で活躍している国』だ。 


他の旅行者に聞いても「あ、そうなの?」と軽くあしらわれるけど、事実だ。 


なので、ボリビアの町を歩いていると、現役のカリブに目を奪われることが多い。


ついつい期待してしまう、日本で廃車扱いになった僕のカリブが、南米にこっそり輸出されているんじゃないか? と。 





そんなの目にしたら泣いちゃうな、と思いながらボリビアの町を歩いてた。

kensaku

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ