チリ・サンチアゴにて南米の食文化を思ふ

  • 2009/04/22(水) 12:05:51

そろそろ、南米も終わり。



これまで、南米でも美味しいものも一杯食べた。



リマ・ラパスの日本食や中華、南極クルーズでフルコース、ガラパゴスのマグロ、アルゼンチンの牛肉も美味かった。



でも振り返って思ふ、どれも『南米料理』じゃないよな・・・



アルゼンチンの牛肉とか、素材は良いんだけど、それを活かす食文化が南米は乏しい。



それを改めて実感したのが、ここチリ・サンチアゴにあるレストラン。



昼飯を食べに魚市場の中にあるレストランへ。当然、海の幸が豊富。



シーフードスープとウニを注文。



久しぶりのウニ!!と思ったら、なんか変なドレッシングみたいな液体に浸かってて超不味い。。。



これなら、そのまま出してくれたらそれをご飯の上にのせてしょう油かけるだけの方がまだ美味しいのに。。。



シーフードスープはお勧め料理だったのでさすがに不味くはなかったけど、自分で作った方が絶対美味しい。





スペイン人、スペイン語を教える前に料理を教えてくれよ。



マダガスカルはフランスの食文化の影響を受けてて、『食』に関してはかなり満足だった。



南米には、スペインみたいなBarがあって生ハムとかも食べれるかもな、とか思ってたけど、とんだ期待外れ。ワインは美味しいけどね。



スーパーで肉を買って、ステーキにするだけでかなり美味しいから、それはそれで良いんだけど・・・



レストランやローカル食堂での満足度がアジア・ヨーロッパと比較すると低すぎる。



食に対するこだわりが弱いんだろうなぁ



南米が残り少なくなって、ちょっと考察してみました。 


kensaku

↓応援お願いします!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ