キリマンジャロ登山 この旅で一番感動的な経験

  • 2008/11/29(土) 22:10:36

登山4日目午前1:00、標高4,700メートル地点のKIBO HUTを出発。


蓄積された疲労とこれまでとは段違いの寒さを感じながら、一歩一歩ゆっくりと進んでいく。


昨夜あった高山病からくる頭痛と吐き気は、薬が効いたのか全く感じない。


周りからは時折、苦しそうなうめき声が聞こえる。最初「何だ何だ?」とびっくりしたが高山病にかかった登山者が吐いていることに気付く。


登山初日からずっと同じTシャツのガイド・アッサムの強烈な臭いが、後ろを歩く僕らを襲ってきて、ちょっと吐き気が復活する。




この登山の日程は4泊5日。3日かけてKIBO HUT(標高4,700メートル)まで行き4日目の朝に山頂を目指す、というもの。


道は歩きやすく、特別な登山技術は全く必要なかった。タフな人なら1日でKIBO HUTまで到達できると思う。


そこをあえて3日もかけたのは高地順応のため。さらに大事を取る人はもう一日余裕を持ったスケジュールを取るそうだ。


それでも程度の差はあれ高山病になる人は多い。


2日目に泊まったHORONBO HUT(標高3,780メートル)辺りから、高山病に苦しむ登山者の姿をよく目にするようになった。


僕らは高山病の予防薬「ダイアモックス」を服用した。それでも僕は頭痛や下痢に悩まされた。(リエは全く高山病にはならなかった)


標高4,000メートルを超えると、ゆっくり歩いても呼吸が大きく乱れ、酸素が薄いことを実感した。


でも、本当に大変なのはもうちょっと先にあった。





AM3:00、標高5,000メートルの標識を過ぎたあたりから、リエに異変が。


足が前に進まない、少し歩いただけで息が切れる。


休み過ぎると今度は寒さが襲ってくるので、長い休憩を取ることはできない。


高山病にもならず、むしろここまでは僕よりも快調だったリエの突然の異変に、標高5,000メートルを実感する。


これ以上は無理そうだ、引き返そうとリエに声をかけるが、「まだ大丈夫」とリエ。


10メートル進んでは少し休憩する、ということを何度も繰り返す。


あとどのくらいか考えることも忘れて、ただただ歩を進めることだけを考えて進む。


AM5:00、黙々と歩いていると突然山頂に。標高5,681メートルの
ギルマンズポイント。


やった、着いた。登頂した喜びよりも、もう登らなくていい事に対する開放感の方が大きい。


空の端っこが少し白みだしたかと思うと、どんどん明るくなりあっという間に太陽が顔を出し始める。





こんなきれいな日の出は見たことない、そう思う。




達成感やら開放感やら、いろいろな感情でごちゃごちゃになりながら、この景色を見ていると涙が止まらなくなった。


こんなこと初めてで自分でもびっくりした。


この旅で一番感動的な経験。


kensaku


↓やっとアップ出来た。。。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事に対するコメント

いやぁ〜お疲れさん!!

登った人でないと味わえない感動。。。
いいよねぇ。。。
高山病はいやだけど・・
一生に一度は高〜い山に登ってみたウィッシュ!!

元気ですか?

5年の時生徒だった笹野と高橋です。
新校舎と体育館が出来てきました。
6年生になって2人のクラスが離れちゃいました(-_-;)(ガ〜ン)

でも 今でも仲良しです。6年生になって、クラスが、違くても仲良しなのは変わりません。

体に気をつけて旅をしてください。

byりなandまりこ

うちも・・

木山先生大丈夫ですか??

やっぱり山の高さが高いとそうなっちゃうのかな・・・。


でも私もそんな感動できる旅してみたいですwww
まりことりながさっき頑張って打っていましたbb

だから木山先生も返信してください(笑)


んぢゃぁお願いします(A`@)

うらやましい

青年よ、山はいいぞ。

“おれは地球を踏んだ”

まっ、意味不明なら帰国後神々の山嶺でも読んでくれ。

ほんまにうらやましい。
5000m越え。
おれも絶対いこ。

★ぎぼaikoさん★
な、懐かしい名前ですね・・・笑。
本当に山はいいですよね。
でも本当に本当にしんどかったです。。

★りな・真理子ちゃん★
コメントありがとう!
めっちゃうれしかったよ〜。
ブログで見てのとおり、元気に旅してます。
新校舎、着々とできてるんやね。
懐かしいな〜見に行きたいなぁ〜。
また遊びに来てね♪

★ゆりあちゃん★
うん、本当にほんっとにきつかったけど大丈夫。
体がね、自分のものじゃないみたいな感覚は初めてだったよ。
でも、いい経験でした。
りなちゃんと真理子ちゃんと一緒に見てくれたんやね。
ありがとう。

リエ

★じゅんじ★
久しぶりやな。
「神々の山嶺」読みて〜
メキシコに持ってきて

ケンサク

すごいね。

標高5000メートルって平地の半分くらいの
酸素濃度らしいね。

まさに命がけやな。

いや、すごい。
俺もいつかいってみたいす。

  • 投稿者: K太
  • URL
  • 2008/12/06(土) 22:24:36
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する