皆既日食

  • 2009/07/11(土) 10:16:21

初めて見たのは、1999年のイラン。


これまでの人生で一番衝撃的な出来事。



辺りが急に星が見えるくらい真っ暗になって、気温が急に下がる。



空には、真っ黒い丸の周りで、白い光がゆらゆら。





学生のときにイランで見た皆既日食の衝撃は今でもとても鮮明に覚えてる。



場所は、かつて『世界の半分』と呼ばれたイスファハンのイマーム広場。



『太陽が月に隠されて真っ暗になる。』 と事前知識があったにも関わらず、本当に真っ暗になってコロナを見た時は心底驚いた。



その時、もう一つ印象的だったのは、イラン人女性の日食に対する反応。



正に皆既日食の瞬間。誰もが空を見上げている中、彼女達は一向に空を見上げようとしなかった。



イランは日差しが強い国。なので、太陽は恐ろしいモノという教育を受けていて、月に隠れてるとはいえ、太陽を直接見るという行為には抵抗があるそうだ。



でも、皆既日食というお祭り騒ぎの気分は味わいたい、という事だろう。みんな外に出て、紅茶なんか飲みながら、皆が空を見上げているのをニコニコ眺めてた。



そんな皆既日食が7月22日に見られる。僕らは上海で見る予定。


中国人が皆既日食を見た瞬間のリアクションを見るのが楽しみ。


やっぱり『アイヤー!!』とか言っちゃうのかな。


6泊7日の上海旅行。帰国して増加した体重がさらに増えないか心配・・・


kensaku

↓まだまだランキング参加中!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する