自然×時間×世界遺産

  • 2008/06/05(木) 15:35:33

自然の力と時間の流れを感じる遺跡
タプローム&ベンメリア




「タプローム」




もしかしたら一番楽しみにしてかもしれない。
宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」のモデルになった場所らしい。宮崎アニメに詳しくない私たちも、なんかものすごく納得してしまった。
苔と大木に覆われた遺跡。




前の写真と同じように遺跡の上にはっていた木が枯れて、
さらに新しい木の根が死んだ木の上に覆いかぶさって伸びた状態。
なんだか血管みたい。。。


何年もかけて人間が創ったものも、自然の力にはかなわない。
大きな木の根は、遺跡を今にもひねりつぶそうとしているようにも見えた。


「ベンメリア」


タプロームを見て感動した私たちは、3日目の予定大幅変更!シェムリアップから80キロ離れた「ベンメリア」へ行くことに。ベンメリアは、タプロームよりもずっと自然の侵食が進んだ状態で発見された為、修復されることなくそのままの状態で残してある密林の中の遺跡。

4・5年ぐらい前までは、地雷の撤去作業が不完全な場所だったために(怖い・・・。)なかなか行くのが厳しい場所だったみたい。今は完全に地雷も撤去され、私たちのように気軽に行くことができる。
入場料は5$/人(アンコール遺跡の入場チケットは不要)


写真の通り、ほぼ原型をとどめていない。
うっそうとした森の中にごろごろと石が転がっている感じ。




私たちが歩いていると、遺跡の中で遊んでいた子どもたちが付いてきて、道案内をしてくれた。主要な場所は木で橋がかけてあるからその上をいけばいいんだけど、何しろ壊れている部分がほとんどだからどう進んでいいかわからない。





足元を確かめながらじりじり慎重に進む私たちを後ろを向いて心配しながらはだしでひょいひょい上っていくちびガイド。
足元が悪い場所では、すっと手をとってくれる紳士っぷり。
かっこいいぞ、ちびガイド!





この二人がいなかったら、きっと見られなかった景色をたくさんみせてもらいました。そしてこのかわいい笑顔!
名ガイドに感謝。ありがとう!!

rie

↓ランキング3位!!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

逆さ富士?!

  • 2008/06/04(水) 14:16:15

アンコールワットで逆さ富士?!




アンコールワットの塔って、実は5本あるって知ってた?
私は全く知りませんでした。。。
正面からの写真の印象が強くて塔は3本と思ってました。
この写真も、ツアー観光客がわさわさ集まっていたので行ってみたら偶然撮れた一枚。やっぱり当たり前だけどガイドさん付きのツアーに参加するとこういういい写真スポットをたくさん教えてもらえるんだろうなぁ。私たちはそのおすそわけをちゃっかりもらってパチリ。ありがとうございます。

ちなみに日本人のおじさんは、しきりに「逆さ富士がきれいだねぇ」と言っていた。。。(笑)あと、若くてかわいい現地人の日本語ガイドさんと一緒に、すごくうれしそうに何枚も写真を撮らせてもらってた。うーん、それはそれでかなり楽しそう。
ちょっとうらやましいかも?!

2日目の朝は4時起床!5時ホテル出発。
アンコールワットで日の出を待つ。

定番のコースなので、早朝でも昼間と変わらないぐらいの人の数。
みんなカメラ片手に今か今かと待っていました。




だんだん明るくなっていく空。
アンコールワットの影とのコントラストがすごくきれい。
「逆さアンコールワット?!」も昼間とはまた違った姿を見せてくれました。



そしてsunrise!




この青空、最高!!



ちなみに、アンコール遺跡群は共通チケットがあります。
1日券、3日券、1週間券。私たちは3日券を購入(40$/人)。
ケンサクが以前来た時は、写真は持参したものでもよくて、券もプラスチックでパウチされたしっかりしたものだったみたいだけど、今はこーんなぺらっぺらな普通の紙。ちょっと残念。

何より残念なのは私たちのシケた顔。





チケット売り場であれよあれよという間に決められたラインに立たされ、カメラのレンズはどこ?とか思ってるといつの間にか撮られる。
「はい、チーズ」は無理としても「3,2,1」とか何か言ってよ〜・・・!
おかげでさえない二人の顔(涙)

アンコールワットだー!って毎日テンション上がってた私たちも
3日間、このチケット見るたびにちょっとへこむ。。。
ま、これも、いい思い出だけどさ。

でもこれから行く人、チケット売り場に並ぶ前から気合入れて勝負顔で臨むべし!
そしたらアンコールワットがもっと楽しくなるはず・・・?!

rie


↓ランキング3位!!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

行ってきました!アンコールワット!!

  • 2008/06/02(月) 19:54:33

行ってきました!アンコールワット!!




ケンサクは2回目、私は初めてのアンコールワット。
今回は「アンコールトム・バイヨン編」

いよいよ出発!




初めに足を踏み入れたのは、アンコールトムの中のバイヨン。
とにかくものすごい迫力。
わぁ、本物だ・・・とおもわずごっくん。

3つの顔が並んで見える定番の撮影スポットからの写真。





とにかく観光客がたっくさんいた。
欧米人観光客はもちろん、中国、韓国、タイ・・・
そしてこれまでの旅で訪れたどの場所よりも多い日本人観光客。
(特に中高年の方が目立ちました。)
雨季に入ろうかというカンボジアはとにかく暑い。
35度近く気温は上がり、さらに日光をさえぎるものが無い遺跡の中を、
みんな暑さも忘れて、少し興奮気味に、
自分なりの角度やポイントを探して熱心にシャッターを切っていた。

何ともいえないこの微笑みに心がひきつけられるのだろう。

勿論、私たちも。
私が特に好きだったのは横顔。




正面から見たどっしりとした印象とは全く違う
滑らかで繊細なラインがすごく綺麗に見えた。




少し角度を変えるとまたちがった表情が見える。

気がついたら二人とも上を見上げていた。




上を見上げずにはいられない。

もちろん、それぞれたくさん写真を撮ったけど
どれだけあの時受けた感じを写真の中に
映し出せたのかな。

写真に写し出すのはもちろん、
言葉で言い表すのは本当に難しい。
やっぱり実際に自分の目で見て感じるということは
すごく大事だなと思った。

もし、旅のルートを変更していなかったら
もし、この世界一周の旅に出ていなかったら
「ケンサクがすでに行った場所」ということで
旅の候補地からは除外されていただろう。

いろんな偶然に感謝・・・!

次回は「アンコールワット編」
お楽しみに!

rie

↓ランキング2位!ありがとうございます!!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ