インド初体験&インド人は何故太る??

  • 2008/06/24(火) 16:47:41

空港について、プリペイドタクシーのカウンターでお金(サダルストリートまで210Rp/525円)を払ってインド上陸〜。





空港の外に出ると、レトロな黄色いタクシーがずらすらーっと並んでる。でも、良く見るとどのタクシーの運転席にも人がいないけど・・・?

と思ったら、係のおじさんがおもむろにタクシーの後部座席の窓の中に手を入れて思いっきりべしっべしっっと張り手。

のっそり寝ぼけ眼で起き上がったおじさん。めっちゃ面倒くさそうにお尻をぼりぼりかきながら運転席へ。

私たちのタクシーだけじゃなくその後につづくタクシーのうんちゃんがみーんな同じように起こされてた。

やっぱり暑い国なのね、インド。さぼりっぷりが豪快で面白い。




走りながらやっと目が覚めてきたのか、にやにやしながら
「荷物のせたから20Rpくれよ。」
を連発。
もちろん、ケンサクに
「なーに言ってんだよ、前見て走れ。」

と一蹴されてたけど。

サダルストリートまでの道、とにかくの第一印象。
く、臭い。。。。


何が臭いっていろいろ臭い。まず車の今までかいだこと無いほどに濃度が濃ゆい排気ガス。タクシーにエアコンなんてもちろんついてないから開けた窓から容赦なく攻撃してくる。次にゴミのにおい。

もう当然でしょってかんじでゴミ箱なんかなく、道のいろんなところがゴミ箱になっている。そしてきわめつけがおしっこやうんちの匂い。。。聞いてはいたものの、かなり衝撃でした。

でも、なんだろう・・・このわくわくドキドキ感。久しぶりに

「異国に来たー!!」
っていう興奮。

「なんじゃこりゃ。」
ってものにたくさん出会えそうな期待感。

圧倒的な臭さに涙目になりつつも、そわそわきょろきょろしながらあっという間にサダルストリートに到着しました。


さて初インド!ということで、楽しみにしていたもの・・・それはやっぱり「食」ということで早速いただきました。

私が注文したのは「スペシャルベジタリアンターリー」




ターリーっていうのは大皿に何種類かのカレー、主食、ピクルスなんかを盛り合わせた定食のことらしい。

インドはベジタリアンとノンベジタリアンのメニューにきちんと分けて表示してある。私たちみたいに、今日は野菜が食べたいからベジ。というわけじゃなく、宗教的理由で肉類を一切口にしない人も多い。

でも素朴な疑問。前に旅先で出会ったドイツ人の女性もベジタリアンでその時も思ったし、インド人女性のすてきなサリーからのぞく立派なお腹を見ても思うんだけど、

肉を食べないのにどうして太るんだろう。。。


答えはちょっと町を歩いたらすぐにわかりました。

人が集まるところなら必ずある屋台。みんながおいしそうに食べてるものは揚げ物!上げ餃子みたいなやつとか、じゃがいもを小麦粉の皮でくるんで揚げたやつとか・・・ものすごくおいしそう。

あとはチャイ。ミルクたっぷりお砂糖たっぷり。これがまたおいしいんだよねぇ。

「炭水化物×油×甘いもの」こりゃ太るわ、一発だ。


気をつけよう〜・・・。

rie


↓クリックお願いしま〜す。↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

南京虫にやられたので。。。

  • 2008/06/21(土) 18:37:10

突然ですが、
南京虫にやられました。

6月初旬、タイのバンコクで「SAKURA HOUSE」という安宿で。。。

ちなみに南京虫とは

手足と背中に数十箇所刺されて、痒くて気が狂いそうに。
今は当然治ってるけど、本当に大変だった。。

虫対策が甘かったと思い、日本からmorryに(セブ島に)持ってきてもらいました。
南京虫の根本的な解決にはならないけど、少なくても蚊ぐらいは防ぎたい。

かゆいのはもういやだ


海外でも虫よけスプレー等はあるけど、商品の充実度は日本が一番(と思う)

特に期待しているのはこの3つ。

「ムヒアルファEX」


ムヒ兄弟の最強の長男
強さの序列はこの通り。
ムヒアルファEX > ムヒアルファ > ムヒ

かゆみが大分収まるし、蚊に刺された後も治りが早い。



「おそとでノーマット」


こんなの海外には絶対無い!!!



「虫除けリング」


webで色々探してたら偶然見つけた。効果はまだ未知数。
手首につけてもそんなに変じゃない。ちょっとしたアクセサリー感覚(?)



アジアを抜けてアフリカではマラリア対策の意味でも虫除けは必要。

何か他に良いグッズや南京虫対策あれば、誰か教えて。

また、morryに今度はナミビアに持ってきて貰います。
ありがとうmorry!!

kensaku

↓ランキング確認↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

バンコクからインドへ!!

  • 2008/06/20(金) 13:13:10

エアインディアエクスプレス


私たちはエアインディアエクスプレスという航空会社(エアインディアの子会社)を利用しました。

ここの航空券は、買う時期によって値段がものすごく変動するけど、うまく買えばすごく安くインドにいけちゃうというおもしろい航空会社。

ちなみに私たちは一ヶ月ほど前に購入して、5000B(16500円)

ちょっと国内線感覚です。

ということでいよいよインドへ!

カオサンから空港まではミニバスで100B(330円)/人。ちなみにタクシーだと300B(990円)くらい(高速代65B込み)。


購入した航空券に、「3時間前に来ること」と書いてあったので8時のバスに乗り、9時到着。

チェックイン時間の20分前だというのにもうこんなにどっさりインド人が・・・!しかも荷物多っっ!!




みんな判を押したようにチャックがはちきれんばかりのボストンバックを一人4個以上は持ってる。何が入っているんだろう・・・

3時間前にチェックインさせるだけのことはあって15分前には閉めます!という看板↓




いいねぇ、せっかくこんなに早くチェックインしたのに遅れられたらかなわないもん。これなら時間通りに出発できそう。




その期待通り、12時20分のフライト時間ほぼきっかりに出発!
すばらしい。

セブエアーとはえらい違いだわ〜。。。

セブエアーはフライト時間が過ぎても平気で何のアナウンスも無かったり、復路セブ−バンコクの直行便をいきなりキャンセル、セブ−マニラ−バンコクに変更したり・・・と結構お粗末でした。




中は3列、3列の小さい飛行機。
でも、テレビもついてて結構新しい。

コルカタまでは2時間半の短いフライトだというのに、こんな軽食が付いてくるのもちょっとうれしい!




左の三角のカレーパイが美味しかったです。食後には紅茶やコーヒーのサービス有。
なかなか快適でした。

そして無事到着!
健作は8年ぶり、私は初のインド入国!
楽しみぃ。


rie

↓クリックお願いしま〜す↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ